可愛い雑貨・オシャレな食器・便利な掃除アイテム等、ここには書ききれない程の商品が販売されている100均。

そんな100均に、窓拭きをもっと楽にする「窓拭きワイパー」が販売されているのをご存知ですか?

窓拭きは、バケツに水を汲んだり、汚れをゴシゴシ擦ったり、雑巾で水気を拭き取ったりと、とても大変な作業です。

にも関わらず、水や洗剤の跡が残ったり、雑巾の繊維が残ったりして、がっかりする方も少なくないでしょう。

そんなお悩みを解消してくれるのが、100均の窓拭きワイパーなのです!

今回は、100均の窓拭きワイパーの特徴やオススメポイントをご紹介していきますね。

又、窓拭きワイパーの使用方法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さい。

100均の窓拭きワイパー!その特徴やオススメポイントとは!?

100均で購入できる窓拭きワイパーには、スポンジと水切りが一緒になっているもの・水切りだけのもの・スポンジだけのもの等、種類は豊富にあります。

この内、最も使いやすいと好評なのが、スポンジと水切りが一緒になっているワイパーです。

これがあれば手を汚さずに窓拭きができますし、雑巾を何度もすすぐ必要がありません。

又、雑巾の繊維残りもありませんので、仕上がりがとても綺麗になるのですよ!

特にオススメなのがダイソーの「ウインドウクリーナー ロング」です。

ハンドルを接続すると、最長で75cmにもなりますので、女性でも簡単に窓拭きができますね。

100均の窓拭きワイパーは非常に便利でコスパも良いです。

なんと窓拭きだけでなく、浴室掃除・結露取り・鏡掃除・洗車等でも活用できるのですよ!

あなたも100均に立ち寄った際は、ぜひチェックしてみて下さいね。

100均の窓拭きワイパーや水切りワイパーの使い方を教えて!

窓の外側の場合

用意する物:スポンジと水切りが付いた窓拭きワイパー・窓拭き専用洗剤(または中性洗剤)・水・雑巾

ステップ1:窓拭き専用洗剤(少量の水に中性洗剤を含ませたものでもOK)をスポンジに吸い込ませる

ステップ2:スポンジで窓の汚れを拭き取り、窓に付いた洗剤を軽く洗い流す

ステップ3:水切りの部分で水を切って完了

この3ステップで掃除は完了です。

ポイントは、窓の洗剤をすすいだらすぐに水切りをする事です。

乾燥が始まると洗剤の跡が残ってしまいますので、注意して下さいね。

又、水切りの際は片手に雑巾を持ち、水を切る度に雑巾でワイパーの水を拭き取るようにする事も、綺麗に仕上げるポイントです。

そして、マンション等にお住いの方は、窓を水ですすぐ事ができませんよね。

その場合は、スプレーボトルに入れた水を窓に吹き付けてから水切りすると良いでしょう。

スプレーボトルも100均で購入できますし、他の掃除をする際にも大変役立ちますので、1つ用意しておく事をオススメします。

窓の内側の場合

用意する物:水切りワイパー・重曹・スプレーボトル・お湯・雑巾

ステップ1:50度程のお湯に、水量に合った重曹を溶かし、スプレーボトルに入れる

ステップ2:水滴が下に垂れない程度を目安に、重曹水を窓にスプレーする

ステップ3:水切りワイパーで水を切って完了

水切りワイパーの使い方も非常に簡単ですので、普段の窓掃除の際にも使えますよ!

又、窓の内側は洗剤ではなく重曹を使用する事をオススメします。

重曹なら小さなお子様がいるご家庭でも、安心して使用する事ができますね。

重曹も100均で購入できますので、お持ちでない方はワイパーと一緒に購入しておくと良いでしょう。

浴室掃除やキッチン掃除等にも、重曹は大活躍しますよ!

そして上記でも記載しましたが、重曹水が乾燥する前に水切りをする事、水を切る度に雑巾でワイパーの水を拭き取る事を忘れないで下さいね。

上記が窓拭きワイパーと水切りワイパーの使用方法です。

どちらもとても簡単だと思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

100均の窓拭きワイパーでいつもピカピカな窓を目指そう!

今回は、100均で購入できる窓拭きワイパーの特徴や使用方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

窓はお金をかけなくても、たった100円(+消費税)で綺麗にする事ができるのです。

「今まで100均のお掃除アイテムはチェックしていなかった」という方は、ぜひこの機会に試してみて下さい。

窓拭きワイパーも水切りワイパーも、大満足の使用感だと思いますよ!

又、100均では網戸掃除用のワイパーや、窓のサッシ用のブラシ等も販売されています。

窓周りを徹底的に掃除したい方は、合わせて購入してみると良いでしょう。

100均アイテムを上手に使いこなし、いつも綺麗な窓をキープしましょう!