「洗濯槽の洗浄って難しそう」「どんな洗剤を使うの?」「操作方法は?」等、洗濯槽洗浄について様々な疑問を持たれている方は多いと思います。

そんな理由から、洗濯槽洗浄を後回しにしているかもしれませんが、放っておくと健康に危害が加わる可能性もあるのです。

洗濯槽に済む雑菌・カビ菌から家族を守る為に、洗濯槽の洗浄は必要不可欠なのです!

そこで今回は、洗濯槽の洗浄方法についてご紹介していきます。

又、ドラム式洗濯機向きのクリーナーについても記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

ドラム式洗濯機の洗濯槽洗浄にはどんなクリーナーを使えば良いの?

洗濯槽は市販のクリーナーを使って洗浄するのがオススメなのですが、クリーナーには「酸素系」と「塩素系」が存在します。

ドラム式洗濯機の場合、酸素系クリーナーは避け、「塩素系」のクリーナーを選ぶようにしましょう。

では、何故酸素系のクリーナーがいけないのでしょう?

下記で2つの理由を記載しますね。

まず1つ目ですが、ドラム式洗濯機の場合、洗濯の途中でドアを開けられない為です。

塩素系のクリーナーは黒カビ等の汚れを分解・除去する働きがありますが、酸素系の場合は汚れを剥がす働きしかしません。

つまり、酸素系クリーナーを使うと、洗浄中にドアを開けて剥がれた汚れを掬い取らなくてはいけないのです。

しかし、洗濯の途中でドアが開けられないと、剥がれた汚れがそのままになってしまいますよね。

又、ドアが開けられたとしても、ドラム式洗濯機は洗濯槽が傾いている為、汚れを取る際に汚水で床が汚れてしまう可能性があります。

そして2つ目は、自動で排水する機能が付いている為です。

酸素系クリーナーを使うと洗浄中に槽内の水が泡立ってしまいますので、洗濯機が勝手に排水してしまう可能性があるのです。

そうなるとクリーナーを使用する意味がなくなってしまいますね。

これらの理由により、ドラム式洗濯機の槽洗浄には酸素系ではなく、「塩素系」がオススメなのです。

塩素系の洗濯槽クリーナーは、ドラッグストアやネット通販等で購入できますので、お好きなものを選んでみて下さいね!

ドラム式洗濯機の洗濯槽洗浄は簡単!洗浄方法をご紹介します!!

用意する物:塩素系の洗濯槽クリーナー

ステップ1:洗濯槽の中に50度程のお湯を溜める

ステップ2:塩素系クリーナーを洗濯槽の中に入れ、洗濯機を回す

洗濯槽の洗浄は、基本的にこれだけです。

しかし、洗濯モードの中に「槽洗浄モード」がある場合とない場合で、少々変わってきますので、詳しくご説明しますね。

まず「槽洗浄モード」がある場合は、そのスイッチを押すだけで構いません。

そして「槽洗浄モード」がない場合は、「標準コース」に設定し「洗い」~「脱水」までの1サイクルを回せばOKです。

いかがですか?

市販のクリーナーを使えば、洗濯槽の洗浄はこんなに簡単にできるのです。

頑固な汚れになり、洗濯機の故障・洗濯物の嫌な臭い・アレルギー症状の悪化等を引き起こす前に、こまめに洗浄を行いましょう。

天然成分100%ホタテ貝殻の力でスッキリ洗浄したいならこちら!↓↓↓

>>洗濯槽クリーナー 洗濯槽 カビ 臭い洗濯槽快 ドラム洗濯機用50g<<

洗濯槽の洗浄は1か月に1回が理想ですので、覚えておいて下さいね!

ドラム式洗濯機の洗濯槽洗浄を行い衣類を清潔に保とう!

今回は、ドラム式洗濯機の洗濯槽洗浄についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

洗濯槽はクリーナーを使えば、簡単に洗浄する事ができます。

今まであまり洗浄していなかったという方は、この機会にぜひ洗濯槽洗浄を行って下さい。

洗濯槽洗浄を怠っていると、洗濯物から嫌な臭いがしたり、アレルギー症状が悪化したりしますので、注意して下さいね。

1~2か月に1回は洗濯槽洗浄を行い、衣類を黒カビや雑菌から守りましょう!