あなたはカビ取り剤を購入する際、「カビキラー」と「カビハイター」ではどちらの商品が効果的なのか、迷った経験はありませんか?

お金をかけてカビ取り剤を購入するのですから、効果の高い方を選びたいですよね。

そこで今回は、カビキラーとカビハイターの成分の違い、効果の違いについてご紹介していきます。

又、この2つの商品の効果的な使用方法も記載していますので、ぜひお掃除の際のご参考にして下さいね!

カビキラーとカビハイターの違いとは!?効果に差はあるの??

カビキラーは「花王」から、カビハイターは「ジョンソン」から販売されているカビ取り剤ですが、その違いって気になりますよね!

実は、この2つのカビ取り剤、配合成分はほとんど同じで、その効果も大差はありません。

しかし、細かい差はありますので下記に記載しますね。

・カビキラーには粘着作用のある界面活性剤が使用されている

・カビキラーには香料が使用されている

・カビキラーには安定化剤が使用されている

・カビキラーよりもカビハイターの方が次亜塩素酸ナトリウム濃度が高い

これらの違いが挙げられます。

ですが先程も記載したように、カビキラーもカビハイターも効果に大差はなく、どちらも優れたカビ取り剤です。

強いて言うなら、「メーカーが違うだけ」という認識だけ持っていればいいでしょう。

カビキラーとカビハイターには、液体タイプ・泡タイプ・ジェルタイプ等が販売されていますので、あなたの使いやすい物を選んで下さいね!

カビキラーとカビハイターの有効な使い方とは!

乾いた場所に使う

「カビ取り剤ってあまり効果がないよね?」と思っているあなた。

カビ取り剤を使用する際、使用箇所は十分に乾燥していますか?

カビ取り剤は濡れた場所に使用するのではなく、洗って乾かした後に使用する事で、カビ取り剤本来の力を発揮します。

カビキラーやカビハイターを使用する際は、しっかり乾燥させてから使用して下さいね。

ラップとキッチンペーパーを併用する

カビキラーやカビハイターを使用する際、ラップとキッチンペーパーを併用する事で、より効果を高める事ができます。

まず使いたい場所を洗い、よく乾燥させます。

そして「カビ取り剤」→「キッチンペーパー」→「カビ取り剤」→「ラップ」を順番に重ねます。

この状態で半日程放置して、洗い流せば完了です。

しかし、ゴムパッキンの場合は、長時間放置すると劣化の原因になりますので、1時間程で洗い流しましょうね。

上記のように、カビ取り剤・ラップ・キッチンペーパーを合わせて使う事で、カビとカビ取り剤の密着性が増す為、その効果がグンとアップするのです。

どちらもご自宅にあるアイテムだと思いますので、頑固なカビを除去したい場合は、ぜひ試してみて下さいね!

カビキラーやカビハイターを利用してカビ取りを!

今回は、カビキラーとカビハイターの違いについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

カビキラーとカビハイターには、効果の違いは特にないとされています。

しかし各商品には、液体・泡・ジェル等のタイプがありますので、あなたのご家庭に合わせて購入してみて下さいね!

又、カビ取り剤の効果を高めるには、「乾いた場所に使用する事」と「ラップ・キッチンペーパーを併用する事」が大切です。

次回のお掃除から、ぜひ実践してみて下さいね。

カビキラーやカビハイターを利用して、カビのお悩みから解放されましょう!