「洗濯槽クリーナーの使う量がいまいち分からない」「洗濯槽はどのくらいの頻度で洗浄すればいいの?」等の不明点はありませんか?

確かに、洗濯槽クリーナーの使用方法は一見簡単そうですが、洗濯機のサイズはご家庭によって様々ですし、汚れの度合いも変わってきます。

そう考えるとクリーナーの使用量や使用頻度が分からなくなってしまいますね。

そこで今回は、洗濯槽クリーナーの使用量や使用頻度についてご紹介していきます。

又、オススメの洗濯槽クリーナーも記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

そもそも洗濯槽クリーナーを使用する必要はあるの?

洗濯槽の表面は一見綺麗に見えますが、裏側には洗剤の残りカスや服に付着していた汚れ等が溜まっています

それが黒カビのエサになるうえ、洗濯槽の水気がカビ菌の繁殖を促してしまいます。

これらの影響で洗濯槽の裏側は、浴室以上にカビが繁殖しやすいのです。

洗濯槽の汚れが溜まってしまうと、洗濯槽・洗濯物の嫌な臭いが発生してしまうだけでなく、アレルギー症状の悪化等も引き起こす可能性もあるといわれています。

家族の健康を守る為にも、洗濯槽の掃除を行うことをおすすめします。

洗濯槽クリーナーの使用頻度や使用量はどれくらい?

使用頻度

洗濯槽クリーナーを使用する頻度は人によって様々です。

1年に1回・半年に1回という方がいらっしゃいますが、最も多いのが2~3か月に1回です。

しかし、水気の多い洗濯槽には非常にカビが発生しやすい為、1か月に1回は洗濯槽クリーナーを利用することをおすすめします。

掃除方法はクリーナーを入れて洗濯機を回すだけと、とても簡単ですので、月に1回の習慣にしてみてくださいね。

使用量

ドラッグストア等で購入できる洗濯槽クリーナーは、基本的に使い切りです。

大体のクリーナーは、1本(包)で9kgサイズの洗濯機まで対応していますが、9kgサイズの洗濯機でも4kgタイプの洗濯機でも、クリーナーは全量入れましょう。

使用量を減らすと洗剤の濃度が薄くなってしまい、十分な効果が得られません。

小さいサイズの洗濯機にクリーナーを全量入れたとしても、洗濯槽が傷付く事はありませんので、全量使うようにして下さいね。

又、9kgサイズより大きな洗濯機の場合は、クリーナーを2本入れましょう。

適量のクリーナーを使い、洗濯槽をカビ等の汚れから守って下さいね!

オススメの洗濯槽クリーナーを教えて!

アリエール 洗たく槽クリーナー サイエンスプラス

アリエールの洗たく槽クリーナーは非塩素系ですので、塩素特有の臭いがなく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用する事ができます。

活性酸素の力でカビの胞子を99.9%も除去する事ができ、ファブリーズと共同開発している為、ニオイもスッキリしています。

しかし、ドラム式洗濯機では不具合が起こる可能性があるようですので、使用は避けて下さいね。


>>アリエール サイエンスプラス 洗たく槽クリーナー 250g×3<<

洗濯槽カビキラー 塩素系

カビ除去と言えばカビキラーですが、そのカビキラーシリーズには洗濯槽クリーナーもある事をご存知ですか?

この商品は塩素の力でカビや雑菌を強力分解するクリーナーで、洗浄後に洗濯槽から取れたカビ等の浮遊物が出ないという特徴を持っています。

もちろん、カビ胞子99.9%除去・除菌・消臭等の効果もありますよ。

又、こちらのクリーナーはドラム式にも使用できますので、安心して利用して下さい。

そして、カビキラーの洗濯槽クリーナーには塩素系と非塩素系があります。

塩素系↓↓↓

>>洗濯槽カビキラー(塩素系) 550g<<

非塩素系↓↓↓

>>アクティブ酵素で落とす非塩素系洗濯槽カビキラー 250g<<

非塩素系の方も優れた効果を持っていますので、お好きな方を利用して下さいね。

使用量や頻度を知って洗濯槽クリーナーを利用しよう!

今回は、洗濯槽クリーナーの使用量や頻度、オススメのクリーナーについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

洗濯槽の掃除はクリーナーを洗濯機に入れて運転するだけですので、難しくありません。

洗濯槽を清潔に保つためにも、1か月に1回の頻度で洗濯槽クリーナーの利用をおすすめします。

又、使用の際は上記でご紹介したように、1度の洗浄で全量のクリーナーを入れましょう。

適切な量のクリーナーを使い、きちんと洗濯槽を洗浄して下さいね。

洗濯槽クリーナーの使用方法を正しく知り、洗濯物や家族の健康を守りましょう!