「寝ている間にかさぶたが剥がれ、血が布団についてしまった」

「鼻血でソファーを汚してしまった」

このようなトラブルは、普段の生活の中で頻繁に起こる事だと思います。

しかし、血液汚れって染み抜きしても落ちにくいイメージがありませんか?

そこで今回は、血液が布団やソファーに付着した際の染み抜き方法をご紹介していきます。

又、血液を染み抜きする際の注意点も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

血液が布団やソファーに付着した時の染み抜き方法とは?

セスキ炭酸ソーダで染み抜きする方法

用意する物:セスキ炭酸ソーダ・歯ブラシ・タオル数枚

ステップ1:濡れタオルで、ある程度血液を取り除く

ステップ2:水1Lに対しセスキ炭酸ソーダ小さじ1を入れて溶かす

ステップ3:残った血液汚れにステップ2で作った液体を染み込ませる

ステップ4:歯ブラシで染み部分をトントンと叩き、浮き上がった汚れをタオルで吸い取る

ステップ5:血液汚れがなくなるまでステップ3~ステップ4を繰り返す

染み抜きが完了したら、濡れタオルでよく拭き取ったら完了です!

セスキ炭酸ソードは、重曹よりも水に溶けやすく、キッチン・お部屋・洗濯など幅広く使えますので、家に置いておくととても便利ですよ!

セスキ炭酸ソーダはまとめ買いでお得に!↓↓↓
>>セスキ炭酸ソーダ 3.5kg×3個セット(スプーンなし)【4300円以上で宅配便送料無料(北海道・沖縄以外)】<<

アルカリ石鹸で染み抜きする方法

用意する物:アルカリ石鹸・歯ブラシ・タオル数枚

ステップ1:水で濡らした歯ブラシにアルカリ石鹸を付け、染み部分をトントンと叩く

ステップ2:濡れタオルで拭き取る

ステップ3:血液汚れがなくなるまでステップ1~ステップ2を繰り返す

染み抜きが完了したら、濡れタオルで石鹸をよく拭き取ってくださいね!

安心安全安い自然天然エコ石鹸洗濯洗剤粉石けん、はこちら!↓↓↓
>>ミヨシ石鹸 そよ風 洗濯用 2.16Kg★肌に環境にやさしい洗浄力!高純度で植物油主成分のせっけんに、洗浄力を高めるアルカリ助剤をプラス★<<

液体酸素系漂白剤で染み抜きする方法

用意する物:液体酸素系漂白剤(オキシドールでも可)・歯ブラシ・タオル数枚

ステップ1:液体漂白剤をキャップ等の容器に入れ、歯ブラシに含ませる

ステップ2:血液汚れのある部分を歯ブラシでトントン叩く

ステップ3:少ししたら汚れや漂白剤を濡れタオルで拭き取る

ステップ3:血液汚れが薄くなるまでステップ2~ステップ3を繰り返す

ステップ4:染み抜きが完了したら、濡れタオルでよく拭き取る

*注意・・・塩素系漂白剤や還元漂白剤は使用しない事、染み抜きの際は色落ちテストを行う事

布団やソファーに付着した血液汚れは、上記の方法で染み抜きする事ができます。

血液が付いてしまった際は、なるべく早く染み抜きを行いましょう!

血液汚れを染み抜きする際に注意する事とは?

血液汚れを温めない

血液にはタンパク質が含まれており、熱を加えるとタンパク質が固まる為、なかなか落ちない血液染みに変化してしまいます。

よって染み抜きを行う際は、「お湯で濡らして絞ったタオル」の使用は禁止です!

必ず水で濡らしたものを使用しましょう。

漂白剤を使用する際は色落ちテストを行う

酸素系漂白剤は比較的色落ちしないアイテムですが、染料によっては色落ちする場合もあります。

よって、染み抜きの際は念のため色落ちテストを行いましょう。

ステップ1:濃いめに溶かした漂白剤を布団やソファーの目立たない部分に付け、5分程放置する

ステップ2:漂白剤を塗った部分に白いタオル等を当て、タオルに色が移っているかを調べる

タオルに色が移っていれば、色落ちする可能性が高いので漂白剤の使用は控えましょう。

色が移っていなければ、漂白剤で染み抜きして構いません。

大切な布団やソファーを色落ちさせない為にも、色落ちテストは必ず行いましょう!

血液汚れは温めない!正しく染み抜きして布団やソファーをきれいに!!

今回は、布団やソファーに血液が付着した際の染み抜き方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

血液汚れには「セスキ炭酸ソーダ」「アルカリ石鹸」「酸素系漂白剤」がよく効きます。

上記でご紹介した染み抜き方法をご参考に、あなたも頑固な血液汚れの染み抜きにチャレンジしてみて下さい!

血液汚れは付着して時間が経つと落としにくくなりますので、なるべく早く対処して下さいね。

又、血液汚れに熱を与えない事・漂白剤は色落ちテストを行ってから使用する事等の注意点を守り、正しく染み抜きしましょう。

布団やソファーを綺麗に保つ為に、ぜひ染み抜きをマスターして下さいね!