シャワーや蛇口の近くにある、窓ガラスや鏡で困るのが、しつこい水垢です!

拭いてもこすって、綺麗になったと思っても、白くてうろこ状になった水垢は、乾くと浮かび上がってきてしまうのです。

私の家のシャワーは、ガラスで囲まれているので、毎回シャワーを浴びるごとに、ガラスが濡れることは避けられません。

毎回、水滴を拭けばいいのでしょうが、そこまでできない!!

新居に引っ越したにも関わらず、6カ月以上放置して置いた結果、ガラス全体に水垢がついてしまいました。

ということで今回は、窓ガラスについた水垢をクエン酸で掃除をしてみました!

我が家のガラスの水垢

うまく画像が撮れなかったのですが、シャワーによってついた水によってできた、水垢が鱗のようにガラス全体についています。

指で触ってみるとガサガサしていて、スポンジで洗剤をつけてこすってみましたが、まるで変化が見られないほど、こびりついている、といった感じです。

窓ガラスに、クエン酸スプレーの作り方

ガラスの水垢を落とすのに必要なのは

  1. クエン酸 大さじ2杯
  2. 熱めのお湯 500ml
  3. スプレーボトル
  4. ラップ
  5. ジョウロ(あれば便利です)

 

熱めのお湯は、水道水から出るお湯をなるべく熱く出す程度で大丈夫です。

あればジョウロを使って、クエン酸大さじ2杯と熱めのお湯を、スプレーボトルに入れて、ふたを閉めたら、クエン酸がとけるまでよく振ったら、クエン酸スプレーの完成です♪

ガラス掃除の手順

水垢のついたガラスに、先ほど作ったクエン酸スプレーをまんべんなく、吹き付けます。

クエン酸スプレーを吹きかけた上から、サランラップを貼って、そのまま1時間放置します。

1時間たったら、ラップをはがして、そのラップでガラスをごしごしこすりましょう。

残ったクエン酸をシャワーなどで流して、水滴を拭き取ったら完成です♪

クエン酸スプレーでガラスを掃除した結果!

スプレーをするのも、ラップでこするのも、簡単で楽しくできました。

この方法で掃除してみた結果、全て水垢が取りきれたわけではありませんでしたが、60%は取れたといった感じでした。

6カ月以上放置した後で掃除をしたので、もう少し早く、頻繁にやっていれば、完全にとれていたかもしれません。

もう1度、クエン酸スプレーで掃除してみようと思います!

また、残ったクエン酸スプレーを、台所のシンクに吹きかけて拭き取ってみたら、とってもきれいになりました。

茶色になってしまった排水口も、洗剤をつけてスポンジでこすっても、取れなかったのが、クエン酸スプレーをつけたら、簡単にきれいになりました!

ぜひ、お試しくださいね♪